Our Clinic 

病院紹介

当院の紹介

Queue Veterinary Endoscopic Surgery Center

クウ動物病院 動物内視鏡医療センター

動物に優しい医療の実現を目指しています。

現代では動物が”家族の一員”として生活をすることが一般的な社会になりつつあります。その中において、動物医療に求められる医療内容も変化して来ています。病気を治すことは必要最低限であると考えられるようになり、それに加えて動物に与える負担を軽減することが大切なことであるという認識が広がりつつあると我々は考えています。

犬と家族の足

 

人と動物の絆を大切に

 動物と人の普段の生活を豊かにするためには”人と動物の絆”(Human Animal Bond)がとても大切です。お互いに築き上げた信頼関係はかけがいのないものとなり、動物だけではく人の生活や生命すら質の向上が起こることが示されています。現在の動物病院に求められるものは医療の提供だけではなく、このような関係を築く手助けをすることだと考えております。
 また、その人と動物の絆は生活の質を向上させるだけではなく、言葉を話すことの出来ない動物の変化をいち早く捉えるためにはなくてはならないものとなります。普段とは違う行動には様々な意味があり、その気づきをもたれた時は我々にご相談ください。

当院のポリシー

低侵襲獣医療(負担軽減)

 我々は動物の負担を少しでも軽くする動物医療を目標にしています。内視鏡治療(腹腔鏡や胸腔鏡、消化管内視鏡などを用いた医療)を行うことによる動物の負担軽減に努めています。そして、これらを含めた低侵襲医療を積極的に取り入れています。

専門化とチーム医療

 現在の獣医医療においては高度医療化と専門性の進歩が起こっています。同時に求められる動物医療はますます広範囲に渡ってきています。これら全てを一度のカバーすることは簡単ではありません。外部の専門獣医師とも協力し、様々な専門医療を行っています。

健康管理・早期発見

 病気になることは非常に不幸な出来事です。万が一の時にも、早期発見をすることが出来ればその治療の選択肢は広がります。そのためには常日頃の健康管理は非常に大切です。当院では定期的な健康チェックのご相談をお受けしています。

当院が大事にすること

インフォームドコンセント


我々はインフォームドコンセント(説明と同意)を大切にします。病状に応じた検査や状況の説明と、それに基づいて納得を頂いた治療を行うように心がけております。心配なことはしっかりとお話したいと思っております。そのため、診療時間や待ち時間が長くなってしまうこともありますが、適切な医療行為のためと考えておりますので何卒ご理解ください。

低侵襲治療


我々は治療における低侵襲性(負担の軽さ)を大切にします。検査や外科治療においてはどうしても動物に負担をかける必要性が出てしまいます。その際にも動物の負担を軽減する努力を怠らないように致しております。ご家族にとって、ご家族である患者さんに与えられる負担は最も心配の絶えない部分ではありますが、より良い治療を行うため、その心配を少しでも軽減するように努力しています。

専門医との連携


我々はより良い獣医療を提供する環境を築くことを心がけてはいますが、広い獣医療の分野において全ての分野を網羅することは難しいという現実もあります。当院では多くの専門医や経験のある獣医師と協力をして治療を行っております。一部は専門外来として診察と治療に当たっています。また、常にスタッフの教育にも携わって頂き、病院としての体制を築いています。

 

GROUP

QUEUE ANIMAL GROUP

クウ動物病院グループについて。

 クウ動物病院グループには4つの病院があります。ぞれぞれの動物病院にはそれぞれの特徴があり、得意とする分野は異なります。当院である動物内視鏡医療センターは内視鏡医療をはじめとした先進医療や専門医療を得意としており、それに特化した設備を備えています。不幸にも病気になってしまった場合には全力でその治療にあたります。
 一方、クウ動物病院横堤本院は犬や猫だけではなく、エキゾチックペットにおいても非常に長けた技術を持っており、その特徴は非常に秀でています。動物内視鏡医療センターではこれらの動物を診療してはおりませんが、治療の面では本院スタッフと協力して当たっています。全ての当グループの中心となる動物病院であり、月に何度か行われる勉強会(外部の講師による講演、カンファレンスなど)は全病院からスタッフが集まります。
 Queue Dog & Cat Clinicは鴫野と花博通りに2件があり、それぞれホームドクターとして、地域だけではなく近隣の患者さんにかかりつけ医としての役割を持っています。日々相談することの出来るドクターとして患者さん達の不安の解決を行っています。これらの病院はパピーケアと呼ばれる子犬のしつけから成犬のしつけ、犬の幼稚園やデイケアなどの動物と人間の絆を形成する役割を持っています。また、これらのクリニックにはパピーケアの資格やしつけの資格、CAPP(犬による社会貢献)の資格を持ったスタッフが所属し、日々飼い主さんの相談に乗っています。
 
子犬や子猫としてお家に来たその日から、毎日の健康診断や予防医療、万が一の病気、先進医療や専門医療が必要な場合においてもクウ動物病院グループでは飼い主さんと動物のケアが出来るように努めております。

HOME | 病院紹介