クウ動物内視鏡医療センター
TEL:06-6967-8668

MEDICAL SERVICE

診療内容

当院の考え方

Informed consent


我々はインフォームドコンセント(説明と同意)を大切にします。病状に応じた検査や状況の説明とそれに基づく治療に対する同意を得ることを行うように心がけております。そのため、診療時間や待ち時間が長くなってしまうこともありますが、適切な医療行為のためにと考えておりますのでご理解ください。

低侵襲治療


我々は治療における低侵襲性(負担の少ない)を大切にします。検査や外科治療において動物に負担をかける必要性が出てしまいます。その際にも動物の負担を軽減する努力を怠らないように致しております。ご家族にとって動物に与えられるであろう負担は最も心配の絶えない部分ではありますが、より良い治療を行うため、その心配を少しでも軽減するように努力しています。

専門医との連携


我々はより良い獣医療を提供する環境を築くことを心がけてはいますが、広い獣医療の分野において全ての分野を網羅することは難しいという現実もあります。当院では多くの専門医や経験のある獣医師と協力をして治療を行っております。一部は専門外来として診察と治療に当たっています。また、常にスタッフの教育にも携わって頂き、病院としての体制を築いています。

 

診療内容

1|一般診療・予防医療

当院では予防医療も行っております。

予防医療(混合ワクチン摂取・狂犬病ワクチン接種・フィラリア症予防・ノミ/ダニなどの外部寄生虫の駆除)や定期的な健康診断(血液検査や画像検査)に対応しております。日々の健康管理は非常に重要なため、気になることがあればお声がけください。
 


 

2|内視鏡手術

当院は腹腔鏡、胸腔鏡などの内視鏡手術に対応しています。

小さなキズで手術が可能となる内視鏡手術は動物に与える負担が少ないと考えられています。当院ではこのような内視鏡手術(腹腔鏡・胸腔鏡)を積極的に取り入れております。病気になった時だけではなく、不妊化などでも多く用いられています。
 

 
 


 

 

3|専門診療

当院では専門診療を行っております。

近年では動物医療も発展し、同時に医療のニーズに応えるために医療の専門化が進んでいます。このため、ひとつの動物病院で専門分野を含めたすべての動物医療に答えることは難しくなっています。これに対応するため、当院では専門医と呼ばれるある専門分野において非常に卓越した知識を持つ獣医師と協力して動物医療を行っています。


 

4|Secound opinions

当院ではセカンドオピニオンを受け付けています。

病気のことで心配な事がございましたらご相談ください。