ロゴマーク

クウ動物病院 動物内視鏡医療センター

「人と動物の絆を大切に」
動物に優しい医療を目指している動物病院です。

NEWS

CONCEPT

「人と動物の絆を大切に」
動物に優しい医療を実現するために出来ること

当院はクウ動物病院グループ4番目の動物病院として誕生しました。病院の名前にもあるように、内視鏡手術(腹腔鏡、胸腔鏡など)を中心とした動物の負担が少ない低侵襲医療を目指しております。
全ての治療に全力を尽くし、動物に優しい医療を実現することで人と動物の絆を大事にしていきたいと思っております。

健康管理から高度専門医療まで。

 日々の健康管理や健康診断などの相談から、調子の悪いときなどご不安な事がありましたら当院にご相談ください。また、セカンドオピニオンも積極的に受け入れております。
 最新の検査および手術設備を揃え、安全性の向上に努めています。また麻酔専門医と協力し、より安全で負担と痛みの少ない外科手術を目指しています。ご不安な事が多いかと思いますが、何なりとご相談ください。当院ではそれ以外の外部専門医による専門医療にも力を入れております。専門外来へのご相談も承っておりますのでご相談ください。
 

仲の良い犬と猫

POLICY

低侵襲獣医療(負担軽減)

 我々は動物の負担を少しでも軽くする動物医療を目標にしています。内視鏡治療(腹腔鏡や胸腔鏡、消化管内視鏡などを用いた医療)を行うことによる動物の負担軽減に努めています。そして、これらを含めた低侵襲医療を積極的に取り入れています。

専門化とチーム医療

 現在の獣医医療においては高度医療化と専門性の進歩が起こっています。同時に求められる動物医療はますます広範囲に渡ってきています。これら全てを一度のカバーすることは簡単ではありません。外部の専門獣医師とも協力し、様々な専門医療を行っています。

健康管理・早期発見

 病気になることは非常に不幸な出来事です。万が一の時にも、早期発見をすることが出来ればその治療の選択肢は広がります。そのためには常日頃の健康管理は非常に大切です。当院では定期的な健康チェックのご相談をお受けしています。

仲の良い犬と猫

PRIORITY

INFORMED CONSENT

インフォームドコンセント

 我々がご家族が安心して治療を受けて頂ける様にインフォームドコンセントを大切にしています。ご家族には可能な限り理解しやすい言葉を用いてご説明させて頂く様にスタッフ一同心がけておりますが、どうしても難しい事もあります。そんな場合にはどんな小さなことでも構いません、気になることは全て我々にお尋ねください。

毛布にくるまる犬と猫

飼い主さんへお願い

当院では一部に猫専用待合スペースを設けています。怖がりな猫ちゃんのためのイスですので皆様で御協力して頂ける様、ご理解をお願い申し上げます。

入院設備は犬と猫は別となります。

院内の猫専用イス

GROUP

クウ動物病院グループについて

 クウ動物病院グループには4つの病院があります。ぞれぞれの動物病院にはそれぞれの特徴があり、得意とする分野は異なります。当院である動物内視鏡医療センターは内視鏡医療をはじめとした先進医療や専門医療を得意としており、それに特化した設備を備えています。
 お家に来たその日から、毎日の健康診断や予防医療、万が一の病気、先進医療や専門医療が必要な場合においてもクウ動物病院グループでは飼い主さんと動物のケアが出来るように努めております。

HOME