クウ動物病院は、大阪市鶴見区にある内視鏡外科とエキゾチックアニマルの医療を得意とする動物病院です。

Our Hospital

病院紹介

いぬとねこの診療

予防医療から高度医療まで。

病気になってしまった時はもちろん、そうなる前のワクチネーションやフィラリア予防などの予防医学はイヌやネコを健康に生活させるためには非常に大切な医学です。食餌の管理や日常のトリートメントを通じてイヌやネコの健康管理をしてあげましょう。

…でも、残念ながら健康管理をきちんとしていても病気になってしまうことはあります。その場合は適切な検査を行った上で治療を行います。そのためにも常に新しい知識や技術を取り入れることを行っています。


エキゾチックアニマルの診療

どんな動物も家族です。

近年、これらの動物も愛玩動物として飼育されるようになってきましたが、飼育に関する情報をはじめとして未だ不明なことも残っております。これらエキゾチックペットに関する獣医学は未知の領域も多いのが現状ではありますが、日々進歩していく医療技術も常に取り入れつつ、飼い主様と協力をしながら診療をさせていただいております。


内視鏡手術(腹腔鏡)

動物の負担を少しでも軽くしたい。

内視鏡手術、腹腔鏡手術をご存知ですか?人間の医療においては少しずつ聞くことがあると思います。小さな傷で手術を行う方法で、一般的には患者さんに対する負担が少ないと言われています。動物医療においても家族である動物の負担を少しでも減らそうという試みが行われ、内視鏡手術が出来るようになってきています。それはお腹に小さな傷(3~5mm)を3か所に開け、そこからトロッカーと呼ばれる器具を挿入して手術を行う方法です。その小さな穴からカメラや手術器具を体内に入れることにより、テレビモニターに映し出された画像をもとに手術を行います。簡単ではありませんが、動物の負担を減らすために当院ではこの手術に力を入れています。


専門医療

専門医と力をあわせて。

近年では動物医療も発展し、同時に医療のニーズに応えるために医療の専門化が進んでいます。このため、ひとつの動物病院で専門分野を含めたすべての動物医療に答えることは難しくなっています。これに対応するため、当院では専門医と呼ばれるある専門分野において非常に卓越した知識を持つ獣医師と協力して動物医療を行っています。状況によっては外部の専門医を当院に招いた専門診療や二次診療施設への紹介を行わせて頂いております。


パピークラス・しつけ

家族で一緒に学ぶ。

新しく家族になったわんちゃん、楽しいことも一杯ですが困ったこともありませんか?小さなわんちゃんにとって新しい家族と環境に好奇心が一杯です。遊ぶことに夢中になって…周りが見えなくなることもちらほら。これから先、ずっと家族として楽しく生活していくためには”家族のルール”を学んでおいてもらわなければいけません。わんちゃんも人間と同じでそれは小さな時ほど吸収が早いのです。スタッフとご家族で新しいわんちゃんのために勉強しましょう!